column

2018 Movie top10

私的 2018年公開映画 top10を発表!

こんにちは、harucaです!

今年も面白い映画がたくさん公開されましたね。
今回はタイトル通り、〈2018年公開映画 top10〉をご紹介しようと思います!

正直、観たかったのに観れてない映画がたくさんあるので、
胸を張って記事を書けるわけではないのですが泣、
今年の納めとして書いていきます!!

↓↓↓ ランキングはこちら! デデン ↓↓↓

1:ブリグズビー・ベア

わりとすんなり決まった第一位!

  1. 非常にバランスのとれたストーリー
  2. 個人的にグッとくる瞬間が多かった

① 非常にバランスのとれたストーリー

ハリウッド映画のようにド派手な演出があるわけでもないのに、
めちゃくちゃ情熱的な熱い映画です。

観終わった後は創作意欲が湧き出てくる

大切な仲間と何かを成し遂げたくなる。

主人公は特別な超能力を持っているわけでもないんです。
ただ、「好き」という気持ちに突き動かされて行動する青年。

それなのに、観ている側はワクワクして「私も何かやりたい」と思ってしまう。

和やかで柔らかい雰囲気なのに、
強くて前向きでワクワクできる。

クリエイターにぜひ観て欲しい一本なんです!

② 個人的にグッとくる瞬間が多かった

主人公・ジェームスが楽しそうに映画を撮影している様子は、
邪気がなさすぎて本当にグッときます。

何より仲間が増えてからのストーリー展開は
クサイ展開ながらも感動してしまう……!

 

2:君の名前で僕を呼んで

言わずもがなの名作。

映像、音楽、ストーリー、どれもパーフェクトなんですが、
なにより決定的なのは「2人が実際に存在しているかのようにリアル」なこと。

過ごしている場所の作り込みとか、演技の自然さとか、
全てがピッタリ合わさっていて、究極のリアル!って感じです。

サントラを聴くだけで、映画のシーンが一気に蘇ってくるのは私だけでしょうか……笑

それほど感情移入してしまい、現実にいるはずもない2人に思いを馳せてしまいます。

1位にならなかった理由としては、ポジティブな感情よりも切なさが勝ってしまったから…。

個人的に、映画のハッピーエンドが大好きなので、
ブリグズビーベアのポジティブで希望に溢れたストーリーが私にはハマりました!

 

3:ボヘミアンラプソディ

Queen全然知らない状態で観に行ったのに楽しめた映画!

Queenの楽曲の知名度の高さに気づかされ、映画のようにドラマティックな人生にも驚かされ、映画のストーリーのテンポの良さ・作り込みの細かさにも驚かされ、

何度でも・何重にも楽しめるエンターテイメント映画でした!

Queenを聴いていない世代の人が次々に聴き始め&歌い始めていて、まさに社会現象になった映画だなあとも思います。

Queenの力もそうですが、映画の力も改めて感じさせられた一本です!

4位からの映画は以下!

4:アベンジャーズ IW

5:サーチ

6:カメラを止めるな!

7:犬ヶ島

8:ブラックパンサー

9:グレイテストショーマン

10:プーと大人になった僕

 

 

 

 

ABOUT ME
haruca
映画大好きデザイナー/イラストレーター。洋画中心に不定期更新。オールジャンル観ますので、おすすめがあればぜひ教えてください!