movie

荒廃した世界で娘を守る男の物語〈カーゴ/CARGO:感想〉

絶望の淵にあったのは、

究極の親子愛。

 

ざっくりあらすじ

謎の感染症によって荒廃したオーストラリア。主人公・アンディは救助を求めるべく、妻と娘を連れて荒野を旅することを決める。だが、旅立つ前に妻が感染してしまい、さらに自分自身も……。残された時間が許す限り、愛する娘・ロージーを助けるためにさまようアンディに、さらなる災難が降りかかる。

Netflixオリジナル映画。
ですが、実は2013年に公開された短編映画をもとにつくられた長編映画です。
一時SNSで話題にもなったので、観たことがあるかた多いのでは?

ちなみにその映像はyoutubeで観れますが、ネタバレになるので視聴前に観るのは避けたほうが良いかも。

逆に、Netflix入ってないけど観たいよ〜!って方は、短編映画で大まかなストーリーが把握できるはず。ですが、やっぱ長編の方見て欲しい!

 

主人公のアンディ役は〈マーティン・フリーマン〉。
「ラブ・アクチュアリー」、「ブラックパンサー」に出演している方。
今回は荒廃した世界で生き残るためにもがく父親を演じています。

 

感想(ネタバレなし)

ただただ辛い。つらいのはわかっているからこの先観たくないよ〜ってなってしまいました。笑

感染系の映画って、辛いのが当たり前なんですけどね。

これがカップルとかじゃなくて、父と娘(それもまだ1才くらいの)だから辛さが何倍にもなっています。

しかも赤ちゃんがとんでもなく可愛いんだ…しかも演技がうますぎる。CGなのか?と思うほど。

あと、感染系の映画って「パニックホラー」感が強いんですけど、本作は一切そんなことない。

起承転結はもちろんあるんだけど、起伏は大きくないというか。

荒廃してしまった世界で生き残っていたある夫婦とその子供を、ただただ映した映画って感じでした。だからこそ。ものすごく現実的だし、絶望感が伝わってくる

そこにキーパーソンが現れることで、ちょっとは“映画”らしくなったのかなと。

でも、超現実!なのは、元となった短編映画のほうです。
7分という、セリフもない短い時間なのに、かなりの絶望感父の究極の愛情が描かれています。

Netflix契約していない方は、観てみてくださいな。

 

感想(ネタバレあり)

ネタバレなしのほうと同じこと言っちゃいますが、つらかった〜…。笑

どうせ辛い展開しかないんだからみたくないよ…と思いつつちゃんと鑑賞しました。

途中で会った男にむしゃくしゃして、「あ、ウォーキング・デッドっぽい」って思ったり。ここでさらに物語が2転3転してたら本当にウォーキング・デッドだったけど、そうならなかったからよかった……。

ゾンビ系の映画としては、味気ない感じはしますよね。

大きな起伏もなく、結構たんたんとしているイメージ。

元となった短編映画が、7分という短い時間であれだけの衝撃を放っているので、長編にした時にダレてしまうのは仕方ないのかな……。

究極にリアルなゾンビ映画って感じでしょうか。

人生一つ一つが映画になるんだ!とかいう極論が出てきちゃうけど、まさにそんな感じのストーリー展開だったな。好きだけどね!

でも、やっぱり赤ちゃんが可愛い。笑  餓死しないの?と思って心配しちゃうほどでしたが、終始可愛かったですね……。

Netflixで観るのがちょうど良い映画でした。

 

 

ABOUT ME
haruca
映画大好きデザイナー/イラストレーター。洋画中心に不定期更新。オールジャンル観ますので、おすすめがあればぜひ教えてください!