movie

下品で笑える、なのに切ない〈スイス・アーミー・マン:感想〉

 

下品でバカバカしいけど、なんか切ない

死体のメニーと過ごした遭難劇

 

ざっくりあらすじ

主人公のハンクは、無人島で遭難し自殺をはかろうとしていたが、浜辺に人が漂着してくる様子が目に入る。生きている人間かと思い近寄るも、ただの死体だったため落胆。が、何を思ったかハンクはその死体を担ぎ、救助を探そうと試みる。アーミーナイフ(十特ナイフ)のように便利で、感情豊かな死体と過ごす不思議で切ない遭難劇の物語がはじまる。

スイスアーミーマンは2016年にアメリカで公開されたドラマ映画。

主演はポール・ダノとダニエル・ラドクリフ。一時期SNSで「ダニエル・ラドクリフが死体役?!」「ダニエル・ラドクリフのケツが見れる?!」と話題になっていたのを覚えてる方もいる…はず!

その通りで、ひたすら下品なダニエル・ラドクリフが観れます。笑

ハンク・トンプソン役は〈ポール・ダノ〉。
リトル・ミス・サンシャインに出演しています。
本作の、妙にリアルな根暗感がうまくて、それがこの映画に共感してしまう原因のひとつとも言えるでしょう。

死体のメニー役は〈ダニエル・ラドクリフ〉。
ハリーポッターでおなじみの役者さんですが、今回は死体役です。
こういっちゃアレですが、死体役が似合う顔をしている……と思いました笑

 

感想(ネタバレなし)

とにかく下品です!

なので、単純にファンタジー・コメディ映画として楽しんで観ていただけると思います。下ネタや下品なことへの耐性があり楽しめる方なら尚更。

ダニエル・ラドクリフのあられもない姿を観ておきたい!という動機で観てもOK…笑

 

ですが、私としては「面白い・笑える」で済まして欲しくないのが正直なところ。

この映画が伝えたいメッセージが要所に散りばめられていて、ラストに集結するような魅せ方になっているので、ぜひ注目して観ていただけたらな〜と思います。

 

 

感想(ネタバレあり)

劇中では「何故、無人島にいるのか」という肝心なところは語られません。ですが、徐々に明らかになっていくハンクの抱える葛藤と孤独感は、共感せずにいられない。

 

グラビア雑誌を解説したり、ゴミで街を作ってみたり、ハンクが心寄せていた女性の格好をして、メニーと恋人ごっこをしたり。

食料だってシャワーだって、メニーを利用してなんだって出来た。2人だけの楽園だった。

 

でも、観客は思いますよね。死体が話すわけないって、全部ハンクの妄想だって。2人が楽しそうに過ごしていればいるほど、その現実をふと思い出してしまい「ウワァァ泣」となってしまいます。

 

時折描かれる遭難する前のハンクの日常も、いつも1人の光景ばかりで。死ぬときに思い出す人も居ない、孤独なハンクにできた初めての親友が死体のメニーなんじゃないかと、私は思いました(しかも彼の言葉はハンクの幻聴…泣)しかも、切ないのに、楽しそうに輝いてる2人がめちゃくちゃカッコいい。

 

最終的に街に出ることができ「奇跡の生還!」として取り上げられるも、もう話すことのできないメニーを手放すことができないハンク。このラストシーン、めちゃくちゃ感情が揺さぶられました。

死体に対して異常な執着をみせる男を「気持ち悪い」という目で見てしまう一般人の目線と、

幻聴でも幻覚でも、楽しい時間を過ごした親友とのことつらい別れ。

どちらの感情も痛いほどわかる、だからこそ私はハンクの味方がしたくなりました。

 

これは現実の世界でも言えることですが、
「特別な理由を抱えているからこそ異端に見られてしまう人の、その事情を知っていれば、味方になることができるんですよ(なかなかそんな場面には出くわしませんが。笑)

きっと私がラストシーンのあの場所に出くわしている人間だったら、当然「気持ち悪い・どうかしている」という目線で彼らを見てしまうでしょう。だからこそ、彼らをいぶかしむサラ達の表情や感情を否定できない……。

でも、なぜハンクがあんなにも死体に執着するのか、視聴者である私にはわかるから、せめて心の中だけでも味方になってあげたい……と思いました。
そこまで感情移入するんかい!ってくらい感情移入してしまいましたし、事情を知らなくとも、言動をそのまま受け取って無下に差別することはしたくないな、と改めて感じさせられました

 

さらに、親友であり自分の理解者であるメニーと別れ、またひとりぼっちの日常へ帰ることになってしまったハンクがとった行動は「人前でオナラをすること」。

これからも何も変わらない日常と自分を変えるために、メニーがやっていたこと・言っていた事を実践する姿が、滑稽でありながら強い意志を感じるシーンになっていて、不思議な感情を観客に与えていました。

何かと決めつけて塞ぎ込んだ事や、無理に押し付けた感情とか、そういうのって人間誰しも経験があるのではないでしょうか。自分を卑下し、行動に移せないことを言い訳で固めて胸にしまいこんで、自分のせいで何も変わらない毎日を恨んでしまう経験。

またそんな毎日に戻るくらいなら、何か自分で変えられるならと思い、ハンクはラストのシーンでオナラをするという行動をとったのでしょう。

海へ消えていく親友への別れの挨拶も兼ねて。

 

 

ABOUT ME
haruca
映画大好きデザイナー/イラストレーター。洋画中心に不定期更新。オールジャンル観ますので、おすすめがあればぜひ教えてください!