movie

等身大の自分を大切にしたくなる映画〈BEGIN AGAIN /はじまりのうた〉

音楽のもつ力を再認識させてくれる。
人との出会いを大切にしたくなる。
外に出て歌いたくなる。
仲間とともに好きなことで生きていきたくなる。
挫折しても好きなことが自分を支えてくれる。

……という、控えめに言って最高の映画でした。

 

ざっくりあらすじ

恋人に裏切られ傷心中のシンガーソングライター〈グレタ〉と、落ち目の音楽プロデューサー〈ダン〉がとあるきっかけで出会い、共に屋外ゲリラライブのアルバムを制作するドラマ映画。

同じ志を持ったものたちが繋がっていく様がとても心地よい映画。

キーラ・ナイトレイ歌うまっ!
マーク・ラファロこんな役もできるの!?
わっマルーンファイブじゃん!
という感じで役者さんにもびっくりしました。笑

 

シンガーソングライターのグレタ役は〈キーラ・ナイトレイ〉。
パイレーツオブカリビアンシリーズでおなじみの彼女ですが、
歌声がいい!! 服がかわいい! 印象がガラリと変わりました。

落ち目プロデューサーのダン役は〈マーク・ラファロ〉。
MARVELではハルク役でお馴染みなので、今作での演技はとても驚きました。
普通にどこにでもいそうなカッコイイおっさんになっています……。笑

 

映画から感じたこと

ネタバレなし

誰にでも好きなことのひとつやふたつ、あると思うんですよね。
それが受動的なこと(アニメを見る・本を読む・映画を観る)だったり、
能動的なこと(絵を描く・歌を歌う・文章を書く)だったりするわけです。
観てるだけ・やってるだけ・つくってるだけで心地よいものたち。
でも時にそれらがきっかけでめちゃくちゃに傷つくことも、
誰にでも一度や二度あるはず。
特に能動的なことだと、自分の能力の低さに落ち込むことなんてしばしば……。

それでも、そんな挫折やスランプから救い出してくれるのも、好きなことだったりする。

二度とやりたくないと思っても、やっぱり身体が求めていて、取り組むと今まで以上によいものが生まれたりもする。

そうやってみんな好きなことと向き合って生きているんだな。

と、あたらめて気づかせてくれる映画です。
この映画の場合は、それが「音楽」です。

しかも、主人公が挫折したきっかけとなる音楽が、主人公だけでなく周りの人間まで笑顔にし、救っていく。
なんだか皮肉な感じですが、とっても心温まります。

お休みの昼下がりに、お気に入りの紅茶を飲みながら観て欲しい。
そんでそのままサントラ聴きながらお散歩してください……!笑

ちなみに私がとても胸打たれたセリフはこちら。

「音楽の魔法だ。平凡な風景が意味のあるものになる。
陳腐でつまらない景色が、美しく光り輝く真珠になる。」

私が日頃音楽を聴きながら街を散歩している時に感じること、
まんま言語化してくれたようなシーンでのセリフです。
最高ですね。

というわけでまたグダグダですが。
おすすめ映画あったら教えてください!

 

ABOUT ME
haruca
映画大好きデザイナー/イラストレーター。洋画中心に不定期更新。オールジャンル観ますので、おすすめがあればぜひ教えてください!